×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 テストケース

柳沢君の場合

 

以前から研修生としてアートファニチャーギャラリーに来ていた柳沢君が

2003年5月より11月までの半年間、ゲルステンベルガー氏の下で研修を受けてきました。

 

三木が見たところでは、彼は大変良い経験をして、自信をつけて帰ってきたように見受けられました。

彼の撮って来た写真と体験談を紹介したいと思います。

(現在製作中)

ゲルステンベルガー氏の工房の隣にはBielitz氏のアンティーク家具修復工房があります。

 

ゲルステンベルガー氏の工房風景

 

日本通のゲルステンベルガー氏のもとには語学を学ぶ日本人学生がホームステイをすることもあります。

 

一軒の家を部屋ごとにシェアして暮らしていました。

最初のころはさすがに言葉の壁などで欝気味になったそうですが、

ドイツ人学生のルームメイトたちとすっかりうちとけて

食事やパーティーにも誘われて楽しく過ごせたそうです。

 

 

研修旅行で訪れたデンマークの博物館にて。

 

10月の後半には雪が降ったそうです。

 

「パンとビールは安くてとてもおいしい。贅沢しなければ月に食費15000〜20000円でやっていけますよ。」(柳沢談)

  

  

 

 

その後の柳沢君へ

 

戻る